衛生管理・品質管理

衛生管理・品質管理について

私たち株式会社イートの製造工場は、HACCP の考え方を取り入れた衛生管理を行っています。 創業当時に、HACCPに沿った宮崎県の施設「フード・オープンラボ」を利用し商品開発を行った経験から、その手法を倣い運営しています。 その後、数多くのお客様の工場監査を経験し、スタッフが一丸となり、さらに質の高い衛生管理・品質管理に努めています。

HACCPを導入した衛生管理

入室管理基準について

ユニフォームは工場内で洗濯及び乾燥したものだけを着用。健康観察やユニフォームの正しい着用をスタッフ相互で確認しています。手洗いや毛髪・塵埃除去にも細かいルールを設け、異物の混入や菌の持ち込みが無いよう細心の注意を払っています。

床の色分けについて

工場内各部屋の床を、黄色の「清潔区域」緑の「準汚染区域」赤の「汚染区域」の3つにゾーニング。床だけでなく作業靴や清掃道具も色分けを実施。人とモノの流れを厳重に管理し、外部からの異物の混入を徹底して排除するために衛生的な環境を整えています。

原料保管について

全ての原料と資材は、入荷時に検品を行い台帳でロットを管理。お客様がご購入いただいた商品は、どの原料を使い、いつどのように使用されたのか分かるように管理を行っています。アレルゲンは分別して保管管理し、混入しないルールを設けています。

防虫・防鼠について

専門業者に委託し、毎月点検を実施。落下菌検査やカビの発生状況も定期的な点検を行っています。必要であれば重点的な清掃を実施したり、防虫剤を増やしたりなどして、清潔な空間を保つように対応しています。